• 01

    明治38年創業の田村屋旅館は昭和40年に松栄館となり平成20年まで営業を続けました。

  • 02

    再生前の松栄館と再生後のイメージ

  • 03

    「古い家のない町は、思い出のない人と同じです」とは、東山魁夷がわたしにくれた言葉です。
    古いもの=価値がないものではありません。

  • 04

    まつだいカールベンクスハウスの夏と冬

  • 05

    まつだいカールベンクスハウス1階の解体時と再生後の様子

  • 06

    古い民家を壊すことは、宝石を捨てて砂利を拾っているようなものです。-Karl Bengs

KARL BENGS AND ASSOCIATES, Ltd.
カール ベンクス アンド アソシエイト㈲
Architect’s Office — カールベンクス建築設計事務所

お知らせ

    ドイツ文化講演会

「暮らして感じるドイツと日本の文化の違い」と題して、上越市の高田公園オーレンプラザにて講演をいたします。11月17日(土)10:30~12:00。参加無料です。気軽にご来場下さい。


  カールベンクス古民家カフェ「澁い SHIBUI」の営業日

ドリンクのみの営業です。現在お食事の提供はしておりません。ランチ、ディナーとも現在、新規のご予約は承っておりません。定休日は月曜と火曜です。ただし月曜が祝日の場合は営業し、翌々日の水曜が振替休日となります。お問い合わせ 025-594-7944


  【求人】アソシエイト募集

カールベンクス アンド アソシエイトでは、古民家再生を中心に、古民家ゲストハウス、古民家カフェの事業を一緒に盛り上げていただける仲間を募集します。個人事業主の方に業務を発注いたします。英語または日本語の履歴書、志望動機をメールでお送りください。


【動画】カールさんが教えてくれたこと

ふるさとづくり大賞受賞者の活動を紹介する動画が公開されました。ベンクス夫妻の”ふるさと”、竹所集落、まつだい地域での活動と月尾嘉男先生との対談が約15分にまとめられています。


古民家再生とは…?

カールベンクスの手がける古民家再生は、築100年以上の古い民家の骨組みだけを生かして、それ以外は新築の家と同様に建てられます。今では貴重な財産であるケヤキの梁や柱を後世に伝えることができ、それと同時に現代の暮らしに合った快適な生活を実現させます。

長い年月を経てきた古民家の良さを最大限に活かすこと。そして機能性を重視したドイツ製のペアガラス、サッシ、キッチン、ストーブ、鉄平石を使用した住心地のよい家。

カールベンクスアンドアソシエイトでは、伝統的な暮らしの息吹を残しながらも、そこに現代の暮らしを調和させることで世代を越えていつまでも末永く住み続けられる住宅を提案しています。

また、ドイツ製の家具、ファブリック、照明器具、古材を使ったオリジナルのテーブルやカウンターなどをインテリアに使用して カールベンクス独自のデザインスタイルをお客様とご一緒に創り上げます。