日本再発見塾in十日町

日本再発見塾in十日町

去る7月5日(一社)源流地域再生ネットワークさん主催による
『日本再発見塾in十日町』というイベントが開催されました。

日本再発見塾とは、日本各地に根付いた文化、伝統、歴史に触れ、
その魅力を改めて見出すこと(再発見)を通じて、地域を、日本を、
もっと元気にしていくことをめざした活動です。
『日本再発見塾in十日町』は今回でなんと37回目。
2日間にわたるプログラムで、キャンドルワークショップ、交流会と
ホタル鑑賞会、田んぼの草刈と、地域ならではの行事満載で開催されました。

まつだいカールベンクスハウスは、キャンドルワークショップと交流会
会場として、参加者のみなさまをお迎えしました!

午前中、参加者のみなさんがつくったキャンドルを、
まつだいカール・ベンクスハウスの庭に飾りつけ、
夜は幻想的な風景に。。。

IMG_1543

庭に設置した巨大テントの下では、交流会という名の宴開催!

鰹(かつお)の解体ショーに・・・

IMG_1488

IMG_1506

湯治豚(とうじぶた)も焼きました!

IMG_1477

鰹の解体ショーをしてくださったのは、南麻布にある『分とく山』
野崎洋光料理長!

Foto-2

笑顔がすてきです!
超一流の料理人さんが腕をふるってくださるということで、野崎さん
の手料理を楽しみにしていらっしゃった参加者の方も多数◎

鰹のたたきもいただきました!!

IMG_1511

そして、新潟県十日町のブランド豚「妻有ポーク」を、松之山温泉の
熱で調理した湯治豚

IMG_1466

焼いてくださったのは、松之山は『ひなの宿ちとせ』のご主人、
柳一成さん。

こちらも良い笑顔!

 

おいしいお料理をいただいた後は、野崎さんのお話しを伺うことも
でき、実り多き交流会の夜でした。

『日本再発見塾in十日町』は、これからも様々な企画をして
くださるようですので、機会がございましたらぜひ参加してみてください。

時々、ここまつだいカール・ベンクスハウスが会場になるかもしれません◎