群馬県安中市にて講演

群馬県安中市にて講演

こんにちは。
松代では、雪は例年ほど降らず、気温が徐々に上がってきています。今年は早めの春を迎えそうです。

さて、
過日2月14日、群馬県安中市の松井田文化会館でベンクスの講演会が行われました。
主催は群馬県の未来塾。安中市内やその周辺での地域づくりを推進する団体です。

講演ホールは満席になり、立って聞いてくださった方も多数いました。

第一部はベンクスが経歴、古民家へのこだわり、日本国内の作品などを紹介しました。
第二部では、茂木英子市長と未来塾代表の松本立家さんと対談。再生できる古民家が残る安中市の地域活性化の可能性を話しました。

安中市内そして近隣の地域には、多くの古民家が残っており、保存状態がよかったものも少なくはありませんでした。
ここまで大事にされている古民家を取り壊すのは、もったいない。周囲の自然環境に逆らわず、むしろ調和するようにつくられている古民家はその地域の文化と深く関わりを持ち、建築においても重要な知識と技術が託されてあります。
古民家を通じて地域を盛り上げることはできるのだろうか。様々な想いを抱いて講演に出席してくださった人々に安中市の未来へのヒントをひとつでも多くあたえられたら嬉しいです。今後も安中市の活躍を見守りサポートしていきたいと思っております。

安中市未来塾のブログにも紹介されました。

講演会の様子
茂木英子市長と未来塾代表松本立家との対談
満席の講演ホール
安中市の数々の古民家を視察
昨年10月に竹所まで来てくださった安中市未来塾&市長