牛小屋再生プロジェクト、始動!

牛小屋再生プロジェクト、始動!

こんにちは。竹所には蛍が舞っています。明滅の異なる平家ボタルと源氏ボタルの両方を楽しむことができます。

竹所の牛小屋には、繁殖用の黒毛和牛が飼育されています。かつては牛の市場もあるほどに牛飼いが盛んだった松代に、今では2件の牛舎を残すのみとなりました。ひとつは映画「夢は牛のお医者さん」で知られる莇平、そしてもうひとつが竹所の入り口にあります。

古くなった外壁を、ベンクスのデザインにより修復することになりました。

再生前の牛小屋

再生前の牛小屋

牛小屋

牛小屋再生プロジェクトの完成イメージ

柱はめずらしいグリーンです。

現在、竹所にはベンクスの手掛けた古民家再生住宅が8軒あります。牛小屋の外観をそれらと統一させ、集落全体の景観を統一します。また、改修後は牛を外に開放できるように整備し、飼育体験や牛とのふれあいを通して来訪者と地域住民との交流の機会を増やし、最終的には移住定住者を増やすことを目的としています。

cowshed0701 cowshed0701people

このプロジェクトは、「竹所夢プラン」のひとつとして、「住まいとコミュニティ活動助成」を受けることが決まりました。

ハウジングアンドコミュニティ財団が、市民の自発的な住まいづくりやまちづくり、地域づくり活動を支援するもので、今年度は全国から148件の応募があり、12件のひとつ、既存の施設を活用して地域の活性化を図る活動を対象とした【テーマ助成】に選ばれました。

今後も住民参加ですすめていき、9月に完成を予定しています。