ロスボラーチョスの演奏と交流会

ロスボラーチョスの演奏と交流会

おはようございます。台風の接近で、雨の続いている松代です。澁いで開催されたフォルクローレとフォークの夕べでは、演奏が終わって初めて土砂降りの音に気付くほど会場は賑やかでした。メンバーや楽器を変えて、そして南米の国ごとのフォルクローレが披露されました。どこか悲しげな音色、思わず体が動いてしまうほどの陽気なリズム。民俗音楽の中には、その土地の厳しさも喜びも込められているのですね。演奏してくださったのは、自称「プロではない」ロス ボラーチョスとお仲間の総勢13名の皆さま。ステージに立つと、プロのエンターテイナーです。

losborrachos at shibui 20160917folklore

演奏後の交流会では、めずらしい楽器を触らせていただきました。ヤギの爪でできた楽器やアルマジロ、楽器の中にも南米の暮らしを感じることができました。美味しいドイツビールやお料理には目もくれず、ずっと演奏してくださった方もいました。

国境や年齢を越えて人をつなぐ音楽。楽器のできる方がうらやましくなりました。

20160917shibui   20160917folkloreevent file-19-09-2016-10-05-30