棟上げと棟梁送り

棟上げと棟梁送り

こんにちは。まつだいカールベンクスハウス1階のレストラン『澁い -Shibui-』に新しい子犬がやってきました。天然記念物の川上犬で、将来は猟犬に育て上げるそうです。

南魚沼市の”Ohmae Takano Haus”の上棟式に行ってきました。東京から参加した大学生たちは、古民家の骨組みを見るのも、木の匂いも、初めてでした。

足場からのもちまきにはたくさんの子どもたちが集まり、にぎやかでした。

祝宴の後、棟梁を送りました。弓矢に図面を描いた板をつるして、たたきながら棟梁の家へ向かいます。なぜたたくかというと、板を壊すことで図面を残さず、間取りが他人に知られることもなく、また、同じ家を再現できなくなるので世界にひとつしかない家になるというわけです。棟梁送りと呼ばれる伝統です。