日経新聞「人間発見」連載記事

日経新聞「人間発見」連載記事

田辺省二さんが1泊2日で取材して下さった連載記事が日経新聞に掲載されました。反響が大きく、ホームページのアクセス数も掲載初日に5倍以上に跳ね上がりました。

ドイツ語が堪能な田辺さんは、レストランの名前にもなっている「渋い」をBescheidenと訳されました。

川を泳いだ渡ったエピソードはインタビューでよく話していますが、ここまで詳しく聞かれたのは初めてでした。記者の方の熱意がこのような形で表現されて、とても嬉しいです。

掲載当日から、記事をみてレストランに来てくださる方も絶えません。イエローハウス前で撮影した写真も気に入っています。ありがとうございました。