古民家勉強会と春のパーティー参加お礼

おはようございます。
レストラン「澁い SHIBUI」のテーブルには季節の山野草が飾られることが多いです。春一番のタンポポから始まり、田植えの時期のタニウツギ、最近はヤマアジサイなど選択肢も増えてきました。

去る6月9日(土)に古民家ファンクラブの勉強会とパーティーを開催しました。

勉強会には、古民家ファンクラブ会員でもある有限会社上越重機工業の市村重太郎さんに講師をお願いし、古民家の解体についてお話しいただきました。解体前に再生古民家の図面をおこし、釘が使われていない骨組みを順序だてて解体していきます。ばらした後に、再び組み立てる際に必要な番付も非常に重要なプロセスの一つです。

参加されたファンクラブメンバーの方からは、「現代住宅は解体時に産業廃棄物での処分となりますが、古民家はすべて利用でき、エコ+リサイクルのマインドでの住宅づくり」と感想をいただきました。

パーティーの前に、古民家ゲストハウスと出来たばかりのアトリエを見学していただきました。レーモンド設計事務所の三浦さんから古民家ゲストハウス完成を祝うお花が届きました。お礼とともに次の古民家勉強会で講師をお願いしました。

「春のパーティー」はファンクラブメンバーに日頃よりお世話になっている方々も交えて、約30名でドイツビール、ワイン、地元の食材を使った季節のお料理を楽しみました。栗原製菓さんから、季節の和菓子の差し入れもいただきました。苺饅頭にみそ饅頭、お伊勢さん菓子博の受賞菓子でもある「ひしくい」を全員でおいしくいただきました。いつも本当にありがとうございます。

夏はビールパーティー、秋は川村祥子さんのピアノコンサートも予定しています。ぜひお出かけ下さい。