3年目の受け入れ

3年目の受け入れ

竹所では小正月行事のどんど焼きが行われました。東京からヴィリングの子どもたちが来てくれるのは、今年で3回目です。
まつだいカールベンクスハウスで昼食を食べて、古民家再生の紹介、古民家ゲストハウスの見学。雪遊びをしたくてソワソワしているので、早めに竹所へ。
どんど焼きの炎が高くまっすぐに伸びたので、今年は大豊作の予報です。
書初めを燃やした後は、スルメも焼いて、煙をたくさん浴びて、無病息災を願います。
昨年の様子
2年連続の豪雪、今年は2日とも晴れました。
ほっとするのと同時に、空から雪が舞い落ちる風景を見て欲しかったような気持ちもしています。またチャンスがありますね。来年も楽しみに待っています。