全日本不動産協会 南大阪支部ご一行様

全日本不動産協会 南大阪支部ご一行様

 昨日は大阪から全日本不動産協会の大阪府本部南大阪支部より、38名の団体様がいらっしゃいました。古民家再生を通して地域を再生しているとテレビ番組で見たことが、研修先に松代を選んでいただいたきっかけだったそうです。
 竹所集落にある再生古民家のうち、イエローハウス、梨の木ハウスなど、数件をご案内し、その後、まつだいカールベンクスハウス1階の古民家カフェで昼食を召し上がっていただきました。
 参加者は不動産関係の皆様で、大阪でも空き家が増えてきており、どのように再生し活用できるのか、古民家再生に使用した材料、費用などにも大変興味をもっていらっしゃいました。また大阪の古民家の柱や梁は、こんなに太くないと驚いていました。

 今日のランチは、キッシュ2種とハーフサイズの生ハムサンド、雪中貯蔵人参のスープ、デザートはアプフェルシュトゥルーデル、ドリンクはガイドさんの紹介もあり、雪下人参ジュースが人気でした。
 再生古民家の寿命の長さや材料の貴重さ、質の良さ、また伝統建築の高い技術を考慮すると、古民家の不動産価値は益々高くなるのではないでしょうか。