【満員御礼】まつだいピアノコンサート

【満員御礼】まつだいピアノコンサート

今年で4回目となる川村祥子さんのピアノコンサートを開催いたしました。
リピーターの方からは「毎年楽しみにしている」初めての方からは「また来たい」とおっしゃっていただきました。遠くは大阪や東京からご来場の方たちと地元の方々との交流の場にもなりました。出張先から十日町市長もかけつけて下さいました。また交流会ではピアノの調律をお願いした「波輝」の池田さんが会場BGMとして生演奏をして下さいました。皆様ありがとうございました。


まつだいピアノコンサート

2019年10月19日(土)
「 燈(ともしび)〜秋の響き〜 」
〜プログラム〜
・バッハ : カンタータBWV. 208よりアリア「羊は安らかに草を食み」
・バッハ : オルガンのための「トッカータとフーガ」ニ短調 BWV. 565
・バッハ : カンタータBWV. 147よりコラール「主よ、人の望みと喜びを」
・ベートーヴェン : ピアノ・ソナタ「月光」
・フィールド : ノクターン No.4
・ショパン : ノクターン op.27-2
・リスト : 巡礼の年 第3年より「エステ荘の噴水」
・リスト : 巡礼の年 第2年イタリアより「ダンテを詠みて (幻想風ソナタ)」
・リスト : 超絶技巧練習曲集より「夕べの調べ」


Profile
川村祥子 Sachiko Kawamura
音楽を愛する母の影響のもと、4歳からピアノを始める。北鎌倉女子学園高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業。その後、ロシアへ渡り、チャイコフスキー記念モスクワ音楽院へ留学。  クラシック・ムジカ国際コンクール・フェスティバル(ロシア・ルーザ)にて最高位、及び『バッハ=ブゾーニ賞』受賞(2010)、同コンクールにて第1位受賞(2011)。  これまで、日本の重要文化財(横浜市大倉山記念館、横浜市イギリス館、上野旧奏楽堂)、芦ノ湖音楽祭、横浜ゲーテ座、江ノ島、琵琶湖ガリバーホール、鎌倉芸術館、燕三条、ミャスコフスキーホール(ロシア)、ハンマーウッド・パーク(イギリス)、エドアルド・キヨッソーネ東洋美術館(イタリア・ジェノヴァ)等にて、ソロ・リサイタルを行う。  2013年よりCD録音を開始し、イギリスのクラウディオ・レコード社よりバッハ、バッハ=ブゾーニ、リスト作品を収録したデビューアルバム”Kawamura Plays Goldberg” を2014年リリース。イギリスにてクラウディオ・レコード社より、ショパンのエチュード作品10&25(全24曲)とラフマニノフ作品を収録した、セカンド・アルバムCD “Welcome to Chopin Etudes”を2018年5月より好評発売中。  クラシック音楽と自然の音による、”ひとの心と自然と音楽の調和”を目指し世界で芸術活動を続けている。
オフィシャル・ウェブサイト sachiko-piano.com